XMのヒストリカルデータのダウンロードと編集・削除の方法

XMのヒストリカルデータについて

XMでは無料でヒストリカルデータをダウンロードすることができるようになっています。

MT4・MT5どちらのプラットフォームを使っていてもダウンロードすることができ、相場分析や自動売買システム(EA)のバックテストに活用することが可能です。

10年以上前の値動きのデータまで確認できるので、特に自動売買のようなシステムトレードをする人におすすめしています。

このページで学べること
  • ヒストリカルデータとは?
  • どんな時にデータを活用するのか
  • MT4・MT5へのダウンロード方法
  • ヒストリカルデータの削除方法

xmの公式サイトはこちら

ヒストリカルデータは過去のデータ

ヒストリカルには歴史的な・歴史のという意味があり、XMでは過去のチャートデータを指す言葉として使われています。

ヒストリカルデータとは

過去のデータはすべて手が加わっていないそのままの値動きが情報として記録されているので、みなさんが普段使っているインジケーターを作る時の基盤にもなっているのです。

Left Caption

移動平均線とか?
Right Caption

そうだよ!RSIやフィボナッチもなんだ!

内容としては始値・終値・高値・安値・出来高で、銘柄と時間足を選択すると簡単に確認することができます。

ヒストリカルデータを活用するために、まずはダウンロードの方法をプラットフォーム別にご紹介します。

ダウンロードをする前の設定

MT4でもMT5でも、ヒストリカルデータをダウンロードする前に行っておく設定があります。

プラットフォームのツールをクリックしてメニューを開き、オプションをクリックします。

ツールのオプション

音声設定やコミュニティなど色々なメニューが表示されますが、その中のチャートをクリックしてヒストリー内の最大バー数を設定します。

  • MT4:2147483647
  • MT5:Unlimited

MT4の設定画面

MT4設定画面

MT5の設定画面

MT5設定画面

これでヒストリカルデータをダウンロードする前にしておくべき設定は完了です。

MT4のダウンロード方法

まずMT4を開いてツールからヒストリーセンターを選択します。

ヒストリーセンター

通貨ペアや銘柄がズラッと並んで表示されるので、バックテストをしたいものを選んだら時間足も選択してください。

今回はユーロ/円(EUR/JPY)の30分足のヒストリカルデータをダウンロードします。

ダウンロード準備

EUR/JPYの通貨ペアを選択し30分足をクリックしたら、左下にあるダウンロードをクリックして開始させてください。

ダウンロードアラートが表示されるので、確認後にOKを押せばスタートします。

ダウンロードアラート

画面下部のバーが左からだんだん緑に変わっていきます。満タンになればヒストリカルデータのダウンロードが完了したサインです。

ダウンロード完了

MT5のダウンロード方法

まずMT5を開いて表示から銘柄をクリックします。

銘柄選択

Right Caption

Ctrlキー+Uでサッと銘柄画面を開くこともできるよ!

銘柄の画面が開けたらチャートバーをクリックし、ヒストリカルデータをダウンロードしたい通貨ペア・銘柄を選択します。

あとは時間足とデータが欲しい期間を入力し、最後に情報呼び出しをクリックするだけです。

詳細設定画面

情報呼び出しをクリックした後に、左上にしばらくお待ちくださいと出ていればダウンロードが開始されています。

ダウンロード画面

基本的に数秒でダウンロードは完了します。ヒストリカルデータが正常に取得できていれば、空欄だった部分に情報がズラッと表示されるので一目で確認できます。

ダウンロード完了

重くてダウンロードが遅い時

なかなかダウンロードが進まず重くてイライラしてしまった時は以下のことを試してください。

①重たいインジケーターを使ったチャートを閉じる
②必要がないチャートは閉じる
③ニュース機能を一旦止める
④必要ない通貨ペアの表示を閉じる
⑤音声通知機能を止める

それでも改善せず重たいままの時は最悪の場合、MT4をダウンロードしなおす方法もあります。

よく重たい・固まるなどのトラブルが起こっている場合は、PCのスペックは足りているのかなど基本的なことももう一度確認し直してみてください。

ヒストリカルデータで相場分析をする

ダウンロードしたヒストリカルデータで相場分析をする時は、エクセルにCSVでエクスポートして入れれば簡単です。

ツールのヒストリーセンターを開いて、通貨ペア・日足をを選びエクスポートをクリックします。

エクスポート

この時、必ずファイルの種類がCSVになっているかを確認してから保存をクリックしてください。正確に情報が読み取れないなどのトラブルが考えられます。

保存先も見失うことがないように先に確認しておくことをおすすめします。

エクスポート確認画面

これでCSVファイルでヒストリカルデータがエクスポートできたので、あとはファイルを開けばエクセルが起動し、相場分析をスタートすることができます。

重要な長期分析もできる

CSVを開くとエクセルでヒストリカルデータがすべて表示されます。

エクセル画面

トレンド分析では長期分析のデータが重要だと言われていますが、手間がかかるのが難点です。

でもヒストリカルデータがあれば簡単に長期分析をすることができるようになります。

  • グラフ化して過去の値動きのパターンから今後の動きを分析
  • 時間帯ごとのデータを抽出して利益がでるトレード方法を分析
  • 過去の値動きの特徴からトレード手法を分析

プログラミングのスキルがある人は、ヒストリカルデータ+VBAで膨大な期間のデータも秒で分析できますが難易度が高いので知識がない人はまずは勉強から始めることをおすすめします。

Left Caption

俺には無理だ~!
Right Caption

知識をつけてトライしてね!エクセルでAltとF11を押せばVBA作成画面が開くよ

バックテストにもヒストリカルデータは必要

自動売買ツール(EA)を使ってXMで取引をしようと考えているなら、ヒストリカルデータを使ってバックテストをすることができます。

MT4とMT5では少しやり方がちがうので間違えないように注意してください。

MT4でバックテストをする

MT4を開いて表示からストラテジーテスターをクリックします。ツールバーを表示しているなら、虫眼鏡のアイコンをクリックしても同じです。

下部にテスターが表示されたはずです。

テスター

バックテストを行う通貨ペアや期間を設定してスタートをクリックすれば、スタートします。

結果はセッティングの隣の結果・グラフ・レポートをクリックすることで確認できます。

バックテスト結果

MT5でバックテストをする

MT5を開いて表示からストラテジーテスターを選択します。

下部にストラテジーテスターのメニューツールが表示されたはずです。設定をクリックして銘柄や期間を設定します。

設定画面

下にスクロールすると細かな設定をすることができるので、バックテストの条件を入力してください。終わったらスタートをクリックします。

バックテストが終わるとMT5ではオプティマイズ結果という部分に表示されます。

バックテスト結果

ヒストリカルデータを編集・削除する方法

ダウンロードしていた古いヒストリカルデータは削除することもできるし、編集をして微調整をすることもできます。

あまり使うことはないかもしれませんが、編集と削除の方法を解説しておきます!

まずはツールからヒストリーセンターを開いてください。

設定

編集・削除をしたい通貨ペアや銘柄と時間足を選んで、編集または削除をクリックするだけです。

編集をする時はヒストリカルデータの一覧から対象のデータを選択した状態で編集をクリックすると画面が出てきます。

もし対象のデータが複数ある場合はCtrlキーを押したままクリックをしていけば複数選択が可能です。

編集画面

ヒストリカルデータの削除は全部を選択して(Shiftを押したままクリック)削除をクリックすれば一瞬で消えます。

削除の方法

必要なデータだけ残すこともできるので、古くなったデータだけの削除も簡単です。

XMのヒストリカルデータのまとめ

XMではMT4でもMT5でもヒストリカルデータは簡単にダウンロードすることができました。

相場の分析や自動売買ツールのバックテストには活躍します。ただ分析の材料として使いこなすにはプログラミングの知識も必要になり、難易度は高いです。

Right Caption

それでもVBAの中でエクセル内データ集計は難易度が簡単な作業なんだよ!
Left Caption

ちょっと頑張れそうな気がしてきた!
Right Caption

XMで活かすためにはエクセル関数も抑えておいてね!

XMを極めたい!という人は、最強の分析ツールになるのでヒストリカルデータの活用法を勉強してみてくださいね!

海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!

xm基礎

Posted by admin