XM vs IFC Markets!実力派業者の比較の結果は?

XMとIFCMarketsの比較

XMもIFC Marketsも10年を超える運営実績のある海外FX業者です。

どちらも長年積み上げた信頼のおける業者ですが、トレーダーにとって最適な取引環境だと言えるのはどっちなのか気になりますよね!

ボーナスや口座スペックなど項目ごとに比較してみました。

このページで学べること
  • XMとIFC Marketsを運営している会社の実態
  • 取引環境や特典の比較
  • XMが向いている人、IFC Marketsが向いている人

XM・IFC Marketsの運営会社の実態

以下がXM・IFC Marketsの運営会社情報です。

XM
運営会社 Tradexfin Limited IFCMARKETS.CORP.
設立 2009年6月19日 2006年
所在地 12 Richard & Verengaria Street
Araouzos Castle Court,
3rd Floor,3042 Limassol, Cyprus
2nd Floor, 145-157 St John Street
EC1V 4PY,London, UK
電話番号 +357 25820344 0120-963-965(英語のみ)
資本金 3億6000万ドル
(約400億)
非公開
従業員数 世界各国に200名以上 非公開
主な信託先 非公開
(欧州の優良銀行)
AIG Europe Limited
ライセンス セーシェル(FSA)
番号:SD010
英国領バージン諸島金融サービス
(BVIFSC)
番号:No.SIBA/L/14/1073

※XMの電話番号は問い合わせ先ではありません。

Left Caption

XMが11年・IFC Markets14年の実績かー!
Right Caption

最低でも6年以上の実績があれば信頼性が高いと言われているよ

XMもIFC Marketsも世界各国に子会社がある海外FX業者です。

日本人向けに提供されているサービスはどちらの業者も子会社が運営を行っているので、本社のシステムとは少し異なる部分もあります。

取引環境の比較早見表

詳細を比較する前にXMとIFC Marketsの取引環境を早見表にまとめてみました。

XM
口座 ・スタンダード口座
・マイクロ口座
・ZERO口座
・スタンダード口座
・マイクロ口座
ボーナス ・口座開設
・入金
・XMP
最大7%のフリーマージン
ツール MT4・MT5・XMアプリ MT4・MT5・NetTradeX
取引方式 NDD(STP・ECN) NDD方式(STP・DMA)
銘柄 通貨ペア:57種類
CFD:47種類
通貨ペア:49種類
CFD:47種類
株式 取引不可 472銘柄
仮想通貨 取引不可 3銘柄
最大レバレッジ 888倍
(ZERO口座は500倍)
400倍
ロスカット 20% 10%
スプレッド 狭い~やや広い 広い
取引手数料 ZERO口座
1ロット往復10ドル
株取引:1株0.1%~0.25%
最低入金額 500円 500円~
(入金方法による)
最低取引量 0.0001ロット
(10通貨)
0.001ロット
(100通貨)
入出金方法 ・銀行送金
・クレジット/デビット
・bitwallet
・STICPAY
・BXONE
・銀行送金
・クレジット/デビット
・bitwallet
・Skrill
・bitcoin
法人口座 非対応 対応

XMはシンプルで理解しやすいのですが、IFC Marketsは口座の種類やプラットフォームの組み合わせが多く選ぶのが少し大変です。

株式を除くと取扱い通貨ペア・銘柄はそこまで差はありません。

Left Caption

NDD方式は分かるけどDMA方式ってなんだ?
Right Caption

ディーラーを介さない電子的なシステムのことだよ

DMA方式とは?

市場価格で注文を約定する電子システムのこと。ラストルック(約定確認)がないカバー先で取引をするので他のNDD方式よりも約定スピードが速いのが特徴。

ただ、XMも約定スピードは注文の99.35%が1秒以内に約定されていて早いです。

このようにひとつずつ項目別に比較をして、特徴や強みから本当におすすめできる方を選んでいきましょう!

XMとIFC Marketsの比較

項目別の比較

XMとIFC Marketsを項目別に比較していきます。

自分のトレードスタイルや希望している条件と合うかどうか比べながらどちらの業者の方がメリットが多いのか判断してください。

ライセンス・資金管理

XMもIFC Marketsも日本向けサービスにライセンスを取得し運営を行っています。

どちらも強い効力を持っているライセンスではありませんが、ボーナスやレバレッジ提供のためにあえて緩めのライセンスを取得しているだけなので心配はありません。

XM
ライセンス Seychelles Financial Service Authority British Vergine Islands Financial
Services Commission
日本語名 セーシェル金融庁 イギリス領バージン諸島金融サービス委員会
公式 FSA BVIFSC
Left Caption

緩めのライセンスって?
Right Caption

取得のために必要な資産や従業員数・事務所などの制限が緩いってことだよ

どちらもマイナーライセンスですが、一定レベルの安全は保証されているのでまったくライセンスがない業者よりも断然安心です。

ただ信託保全はXMにもIFC Marketsにもありません。

資金の管理方法

XMもIFC Marketsもトレーダーの資金は分離管理で保管しています。

運営資金と分けて管理がされていても、倒産などの万が一の時の保証がないので戻ってくると断言することができないのがデメリットです。

でもIFC Marketsは専門職業人賠償責任保険(AIG保険)に加入しているのでXMより1歩リードしています。

AIG保険証明書

IFC Marketsはしっかり外部で資金が保護されていますが、XMも過去にトレーダーの資金を保護した実績があるので信頼できる業者であることには違いありません。

どちらも10年以上の運営実績があることからライセンスや資金管理方法については、過度に心配しなくても大丈夫です

取引口座の種類とスペック

XMは以下の3つの口座から選んで取引をすることができます。

スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO口座
通貨ペア 57種類 57種類 56種類
CFD銘柄 42種類 42種類 取引不可
貴金属 5種類 5種類 2種類
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・XMP
・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・XMP
口座開設ボーナス
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
初回最低入金 500円 500円 10,000円
ロット単位 100,000通貨 1000通貨 100,000通貨
最低取引量 1,000通貨
(0.01ロット)
10通貨
(0.01ロット)
10,000通貨
(0.01ロット)
最大取引量 500万通貨
(50ロット)
10万通貨
(100ロット)
500万通貨
(50ロット)
手数料 無料 無料 1ロット往復10ドル

XMでは1アカウント8個まで口座を保有することができます。

Left Caption

ボーナスよりコスト重視ならZERO口座だよな!
Right Caption

低リスク重視ならマイクロ口座、基本が理想ならスタンダード口座がおすすめだよ

IFC Marketsは口座の種類は2つですが、プラットフォームによってスペックが違うので選ぶときはよく見比べなければいけません。

スタンダード口座

MT4 MT5 NetTradeX
通貨ペア 49種類 49種類 49種類
貴金属 6種類 6種類 6種類
株式指数 14種類 14種類 14種類
株式 472種類 472種類 472種類
コモディティ
エネルギー
20種類 20種類 20種類
ETF 4種類 4種類 4種類
仮想通貨 3種類 3種類
スプレッド 固定 変動 固定・変動
レバレッジ 200倍 200倍 200倍
最低取引量 10,000通貨
0.1ロット
10,000通貨
0.1ロット
10,000通貨
0.1ロット
初回最低入金 100,000円 100,000円 100,000円

マイクロ口座

MT4 MT5 NetTradeX
通貨ペア 49種類 49種類 49種類
貴金属 6種類 6種類 6種類
株式指数 14種類 14種類 14種類
株式 472種類 472種類 472種類
コモディティ
エネルギー
20種類 20種類 20種類
ETF 4種類 4種類 4種類
仮想通貨 3種類
スプレッド 固定 変動 固定・変動
レバレッジ 400倍 400倍 400倍
最低取引量 100通貨
0.01ロット
100通貨
0.01ロット
100通貨
0.01ロット
初回最低入金 500円 500円 500円

IFC Marketsでは8パターンから口座を選ぶことになります。

口座の選択方法

Left Caption

8パターンもあると分からないぞ…
Right Caption

固定スプレッドはすごく広いから口座とプラットフォームを選んだらあとは変動スプレッドにすればいいよ

要するにIFC MarketsではそもそもMT4は特にメリットがなく、MT5またはNetTradeXから選択することになります。

海外FX初心者の人や裁量トレーダーにはMT5、上級者にはNetTradeXがおすすめです。

レバレッジと制限

レバレッジと制限

海外FX業界の平均レバレッジが500倍なのに対し、XMは最大888倍とハイレバレッジ・IFC Marketsは最大400倍と平均以下の設定になっています。

スタンダード口座でUSD/JPYを最大レバレッジで1ロット取引した時の必要証拠金の差を見てください。

XM:11,996円
IFC Markets:26,626円

1ロットの取引に必要な証拠金に14,630円も差が出ました。

ハイレバレッジなら投資資金を抑えて利益を出すことができますが、損失となった時のリスクも高くなるのでよく考えてレバレッジを設定してください。

レバレッジ制限

XMにもIFC Marketsにも口座残高によってレバレッジ制限がかかるシステムがあります。

XMのレバレッジ制限

口座残高 マイクロ口座
スタンダード口座
ZERO口座
500円~200万円 888倍 500倍
200万円~1,000万円 200倍 200倍
1,000万円以上 100倍 100倍

IFC Marketsのレバレッジ制限

マイクロ口座
(ビギナー口座)
500,000円以上で取引ができなくなる
スタンダード口座 500万円以上で100倍に制限
スタンダード口座 1000万円以上で50倍に制限

マイクロ口座・NetTradeXのビギナー口座は残高が500,000円になった時点で一切の取引ができなくなってしまうので注意が必要です。

XMとIFC Marketsのスタンダード口座は金額に応じて段階的に制限がかかります。

ボーナス・キャンペーン

口座開設・入金ボーナス・ロイヤリティプログラム(XMP)とバランスよくボーナスが提供されているXMに対して、IFC Marketsはボーナスがありません。

代わりに受け取れるのがフリーマージンです。

フリーマージン

利息率

取引ロット条件 利息率(年利)
10ロット以下 0%
10ロット~30ロット 1%
30ロット~50ロット 2%
50ロット~70ロット 4%
70ロット以上 7%

条件となる取引ロットは決済済みのものが対象となり算出されます。

スワップフリーやイスラム口座はフリーマージンキャンペーンの対象外なので利息がつくことはありません。

利息キャンペーンの重要事項もまとめておきます。

・利息は使われていない資金+フリーマージンに対して付与
・利息率は月の取引ロット数によって決定
・利息は毎日0:00 CETに計算され貯まり月末に口座反映

Right Caption

利息は特に制限なく自由に使えるよ!

XMのボーナス・キャンペーンについてもまとめているので以下を参考にしてください。

平均スプレッド・取引手数料

平均スプレッドと取引手数料

全体的に評判がいいXMですが、スプレッドは他社と比べて広めであることがデメリットになっています。

それでもXMのZERO口座の平均スプレッドはIFC Marketsよりも狭くなっていました。

IFC Marketsの固定とXMのスプレッド比較

IFC固定スプレッド
固定スプレッド
スタンダード口座・マイクロ口座
スタンダード・マイクロ
ZERO口座
ZERO口座
USD/JPY 1.8pips 1.7pips 1.1pips
EUR/JPY 2.5pips 1.7pips 1.1pips
GBP/JPY 5.5pips 2.7pips 2.1pips
EUR/USD 1.8pips 1.8pips 1.1pips
GBP/USD 3.0pips 2.1pips 1.4pips
AUD/USD 2.0pips 1.8pips 1.3pips

IFC Marketsの変動とXMのスプレッド比較

IFC固定スプレッド
変動スプレッド
スタンダード口座・マイクロ口座
スタンダード・マイクロ
ZERO口座
ZERO口座
USD/JPY 1.5pips 1.7pips 1.1pips
EUR/JPY 2.5pips 1.7pips 1.1pips
GBP/JPY 5.2pips 2.7pips 2.1pips
EUR/USD 1.3pips 1.8pips 1.1pips
GBP/USD 3.3pips 2.1pips 1.4pips
AUD/USD 2.0pips 1.8pips 1.3pips

※取引手数料も含めて計算しています

固定スプレッドはXMの口座よりもスプレッドが広いです。

変動スプレッドになるとスタンダード口座・マイクロ口座に勝てる通貨ペアが出てきますが、ZERO口座よりも狭いスプレッドはありませんでした。

Left Caption

コスト重視の俺には無理だな~
Right Caption

IFC Marketsはスプレッドが広いからスキャルピングにも向かないよ

入金・出金

入出金方法

XMもIFC Marketsも豊富な入出金方法があるので便利です。

入金方法

XM
銀行送金 ◆口座ごとに指定の銀行へ振り込み
◆30分~1時間で着金
(1万円未満の入金は手数料980円)
◆表示の銀行口座へ振込み
◆24時間以内に着金
(銀行へ支払う手数料のみ)
◆最低入金額10,000円
クレジット
デビット
◆VISA・JCB・Maestro
◆即時反映
◆最低入金額500円
(JCBは10,000円)
◆VISA・JCB・Mastercard
◆即時反映
◆最低入金額10,000円
電子決済サービス ◆即時反映
◆3種類すべて最低入金額500円
◆即時反映
◆bitwalletの最低入金額1,000円
◆Skrillの最低入金額500円
仮想通貨 ◆非対応 ◆数分で反映
◆最低入金額0.001BTC

XMよりもIFC Marketsの方が最低入金額の条件が厳しくなっています。

出金方法

海外FX業者では入金額までは入金方法と同じ方法で出金ができますが、利益分は銀行送金で出金することになります。

マネーロンダリングなどの不正を防止する目的で決められたルールです。

XMの出金については以下を参考にしてください↓

Right Caption

IFC Marketsの出金方法は7パターンあるよ!

出金方法
出金方法

出金方法によって最低出金額がちがうのでよく確認して出金申請をしてください。

IFC Marketsで出金方法に迷った時は手数料が安く出金までに時間がかからないbitwalletがおすすめです。

発生する手数料はbitwalletにかかる824円なので、リフティングチャージを節約できます。

日本語対応・サポート

日本語サポート

XMの公式サイトは完ぺきに日本語に対応していて、IFC Marketsも日本語になってはいるのですが若干違和感を感じる部分があります。

それでも理解できるので特に問題はありません。

ただ日本語サポートで大きな差があるので、英語が全くダメな人や早く対応してほしい人はXMの方が向いています。

XM
日本語電話サポート 現在休止中 公式からコールバック申請
チャットサポート 9:00~17:00 平日:13:00~21:30
メールサポート 9:00~17:00(受付は24時間) 平日:13:00~21:30
Skype 非対応 平日:13:00~21:30
日本人スタッフ数 17人 非公開

電話はコールバック以外に03-4588-8338(英語)にこちらからかけることもできますが、なかなか繋がらないということです。

基本的にXMもIFC Marketsも電話以外でのサポートがメインになります。

評判を確認するとXMの方が対応が早く日本語もしっかりしていて分かりやすいと評価が高いです。

XM/IFC Marketsに向いている人

XMとIFC Markets、それぞれの強みや特徴を比較すると自分のトレードスタイルがどちらの業者に向いているか判断できるはずです。

最後に向いている人の特徴をまとめてみました。

XMが向いている人
★低コストもボーナスも重視している
★自己資金を使わずにお試しトレードがしたい
★リスクヘッジをしながら慎重にトレードがしたい
★CFD銘柄にも挑戦してみたい
★安心安全の海外FX業者を選びたい

IFC Marketsが向いている人
★安全性や信頼性がある海外FX業者を選びたい
★ハイレバレッジじゃなくても問題ない
★株式やビットコインのトレードがしたい
★ロスカット水準の低さを重視している

どちらも信頼できる業者ですが、IFC Marketsはスプレッドが広いことがデメリットになるため使い分けをしているトレーダーも少なくないようです。

XMをメインとして使い、IFC Marketsは7%の利息を受け取るサブ口座として使います。

ただ条件クリアの必要があるので、ある程度まとまった資金があるトレーダーにしかできない方法です。

Right Caption

他業者も比較しながら最適なトレード環境で利用できる業者を探してみてね
海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!

xm比較

Posted by admin