XMのマイクロ口座とスタンダード口座を比較!選ぶ基準は自分の取引レベル?

XMマイクロ口座・スタンダード口座

ほとんど口座の特徴が同じであるXMのマイクロ口座とスタンダード口座。

違いがほぼないからどっちを選んだ方が取引がしやすいのか、初心者が判断をするのはちょっと迷ってしまうはずです。

XMでは複数口座を開くこともできますが、最初から自分にぴったりの口座が開設できるように選ぶ時の基準や細かい違いをまとめました。

このページで学べること
  • マイクロ口座とスタンダード口座の違い
  • マイクロ口座とスタンダード口座の選び方
  • STP口座とは?

xm公式サイトはこちら>

マイクロ口座とスタンダード口座の違い

まずは2つの口座を比較して違う所をピックアップしてみます。

スタンダード口座 マイクロ口座
通貨ペア 57種類 57種類
CFD銘柄 42種類 42種類
貴金属 5種類 5種類
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・XMP
・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・XMP
最大レバレッジ 888倍 888倍
初回最低入金 500円 500円
ロット単位 100,000通貨 1000通貨
最低取引量 1,000通貨
(0.01ロット)
10通貨
(0.01ロット)
最大取引量 500万通貨
(50ロット)
10万通貨
(100ロット)
スプレッド
(ドル円)
2.0pips 2.0pips
手数料 無料 無料
約定スピード 99.35%が1秒以内 99.35%が1秒以内
ロスカット 20% 20%
追証 なし なし
無料VPS あり あり
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5

XMのマイクロ口座とスタンダード口座の違いはたったの3つです。銘柄の表示の仕方も違いますがここでは数に入れていません。

◇1ロットの単位
◇最小取引ロット
◇最大取引ロット

取引のサイズに違いがあると覚えておくと安心です。

マイクロ口座は少額トレードに特化した口座

XMのマイクロ口座は1ロットの単位が1000通貨、最小取引サイズがMT4で0.01ロット・MT5で0.1ロットと小さいのが特徴です。

取引サイズが小さいということは必要証拠金も少なく済むので、初心者や少額トレードを希望しているトレーダーから選ばれている口座になっています。

他にもXMPといってロイヤルティプログラムのポイントを効率よく貯めるためだけに開設をするトレーダーもいます。

ロイヤルティプログラム

少額トレードなのでほとんどリスクがない状態で最高ランクのELITEまで持っていくことができるのがマイクロ口座です。

Left Caption

少額トレードならXMPも少ないんじゃ?
Right Caption

1ロットあたり0.33~0.66ドル分のポイントがつくよ!
Left Caption

日本円にしたらたった37円~73円だけど…
Right Caption

低リスクで大損がほぼないマイクロ口座なら100日経過する前に離脱する可能性も低いよね

マイクロ口座では通貨ペアの表示がスタンダード口座とはちょっと違います。通貨ペアのお尻にmicroと書かれているので分かりやすいですよ!

マイクロ口座表示

CFDやプラチナ・パラジウムはスタンダード口座と同じロットの単位になるので、microはついていません。貴金属は金と銀だけについています。

【公式】マイクロ口座開設はこちら>

スタンダード口座は万人向けの口座

その名の通りスタンダード口座は一般的な口座なので、初心者からプロまで幅広いトレーダーが利用できる口座になっています。

XMの口座の中でも最も開設数が多く使われている口座です。

1ロット10万通貨でボーナスも獲得できるうえにハイレバレッジなので、活用すると大きなトレードをすることもできるんですよ。

スタンダード口座ボーナス

入金をせずに口座開設ボーナスだけで最大266万4000円のトレードができるので、入金をした時のボーナスまでプラスされた時の恩恵はとても大きいです。

XMPも1ロットあたり3.3ドル~6.6ドルもらえるので、日本円にすると364円~727円になります。

少額トレードはしない、最初から入金をして大きなトレードをする予定の人はマイクロ口座よりもスタンダード口座がおすすめです。

【公式】スタンダード口座開設はこちら>

マイクロ口座・スタンダード口座で実際に計算

1ロットの単位が違う・必要証拠金が違う・ピップ値が違うと言葉で言われても、どのくらいの差があるかは実感できません。

そこで実際に例をあげてマイクロ口座・スタンダード口座それぞれで数値を計算して、どのくらいの違いがあるのかを比較してみました。

自分の投資資金からどちらの口座を選ぶべきなのかを判断する基準になるはずです。

1ロットの単位の違いは?

マイクロ口座とスタンダード口座では最小取引ロットが0.01と同じなので違いはないように感じますが、同じ1ロットでも100倍の違いがあります。

マイクロ口座 スタンダード口座
1ロットの単位 1000通貨 100,000通貨
最小取引ロット MT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット
最大取引ロット 100ロット 50ロット

最大保有ロット数は200なのでマイクロ口座もスタンダード口座も同じですが、1回あたりの最大取引ロット数は違うので注意してください。

必要証拠金のちがいは?

1ロットの単位が違うということは必要証拠金の金額も当然変わってきます。

分かりやすいように現在のドル/円の価格「110円」・レバレッジ888倍・1ロットの取引をする時の必要証拠金を、マイクロ口座とスタンダード口座でそれぞれ計算してみました。

マイクロ口座
110円×1000通貨÷888倍=123円

スタンダード口座口座
110円×100,000通貨÷888倍=12,387円

Left Caption

12,264円の差は大きいよな~!
Right Caption

証拠金維持率にも差が出てくるけど分かるかな?
Left Caption

300~500%必要だったような…
Right Caption

正解!この取引での目安はマイクロ口座で370~660円、スタンダード口座で37,000~60,000円だよ

必要証拠金はレート×取引単位÷レバレッジで計算することができますが、トレードのたびに自分で計算するのは面倒くさいですよね。

XMの公式サイトには自動計算をしてくれる証拠金計算ツールがあるので、無料で活用することができます。

計算ツール

ロスカットにならないためにも目安の必要証拠金をXM証拠金計算機で知っておくことをおすすめします。

ピップ値の違いは?

1pipsの変動による価格のことをピップ値と言い、通常ピップ値は【1ピップ÷為替レート×ロット】で計算して求めることができます。

取引のリスクをより明確にするために必要な情報なのですが面倒な計算なのが難点です。

でもXXMではピップ値の計算ツールも使うことができるようになっています。

ドル/円が110円で1ロットのトレードをする時のピップ値のちがいをマイクロ口座・スタンダード口座で計算してみました。

マイクロ口座:10.00
スタンダード口座:1,000.00

このように計算をすることで動いたpips・取引ロット数ごとにこのような損益が出ることが分かります。

動いたpipsによる損益

1pips 5pips 10pips 50pips 100pips
マイクロ口座 10円 50円 100円 500円 1000円
スタンダード口座 1,000円 5,000円 10,000円 50,000円 100,000円

保有取引ロット数による損益

1ロット 10ロット 50ロット 100ロット 200ロット
マイクロ口座 10円 100円 500円 1,000円 2,000円
スタンダード口座 1,000円 10,000円 50,000円 100,000円 200,000円

プラスへ動くなら嬉しいことですが、マイナスに動くと損失になってしまいます。特にスタンダード口座は大きな金額の利益・損失になるので注意が必要です。

マイクロ口座・スタンダード口座の選び方

口座タイプの選び方

大きな差がないXMの2つの口座タイプの選び方は、投資資金の金額とトレードレベルで判断することをおすすめします。

投資資金が少ないのにスタンダード口座を利用してもトレードが続かない可能性があり、レベルが足りていないのに難易度の高い手法に挑戦してもうまくいかない可能性があるからです。

スタンダード口座 マイクロ口座
資金 60,000円以上 50,000円以内
経験値 初心者~上級者 初心者~中級者
手法 デイトレード
スイングトレード
ポジショントレード
レジサポで反発狙いのスキャルピング
小ロット分割のスイングトレード

XMでは1アカウントで8個まで口座は保有することができるので、併用することも変更することもできます。

初心者や少額資金で利用したい人は間違いなくマイクロ口座、ある程度の資金力があり一般的なトレードをしたい人はスタンダード口座がおすすめです。

XMのスタンダード口座・マイクロ口座のまとめ

XMの似ている2つの口座タイプ「マイクロ口座」と「スタンダード口座」についてご紹介しました。

初心者のうちは使い勝手に慣れることや、トレード方法・手法の勉強のために少ない資金でマイクロ口座を使うとかなりレベルアップにはなります。

ただやっぱり慣れてくると利益が少なすぎて手応えがなかったり、物足りなさを感じ始めるのでそのタイミングでスタンダード口座に変えるのもおすすめです。

経験や投資資金が十分にある人は最初からスタンダード口座で問題ないと個人的には考えています。

xm公式サイトはこちら>

海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!

xm基礎

Posted by admin