XMのpips計算!1pipsの価値が分かれば損益やスプレッドが見える!

XMのpips計算

XMでトレードをするならpipsについて理解していないと損益やスプレッドなどの重要な情報を読み取ることができません。

Left Caption

でも計算は苦手だしそもそも1pipsが何なのかさえ分からない…

そんな人でも大丈夫です!

きちんと知識を頭に入れておけば、「今月は〇pips取れそうだな」・「〇pipsだから〇ロットで取引しよう」など自然と判断ができるようになります。

このページで学べること
  • pipsとは何を表しているのか
  • 1pipsの価値と損益の計算方法
  • CFDのpipsの計算方法

pipsって何?

pipsとはトレードされている通貨の最小単位または1%のことです。

本当は2以上の数字をpips・1だとpipと言うのですが、現在はどの数字でもpipsで統一されて使われているのでpipsで問題ありません。

Right Caption

円・ドル・ユーロなど色々な通貨が取引されているなかで、分かりやすいようにpipsで合わせてあるんだよ

1pipsはクロス円であるか・ないかで判断します。

【クロス円】
1pips=1銭=0.01
 
【円を含まない通貨ペア】
1pips=0.01セント=0.0001ドル

クロス円の場合は小数点が2ケタ、円を含まない通貨ペアの場合は小数点が4ケタさがると覚えておくと便利です。

Left Caption

円は1円の1%、海外の通貨は1セントの1%だな

例えばUSD/JPYで取引をしたとします。

20pips取れたチャート

107.76でエントリーをして決済が107.96なのでこの場合は20pips取れたことになります。

海外の通貨の場合も同じで、例えばEUR/USDで1.0825でエントリー・1.0845で決済をしたら20pips取れたということです。

    動いたpips=決済レート-エントリーレート

pipsの最小単位

チャートを見た時、pipsの最小単位は数字の1番右端だと勘違いする人がとても多いですが、そうではありません。

pipsの最小単位

クロス円は小数点2ケタ・その他通貨ペアは4ケタ下がるので、赤線を引いた部分でpipsを読み取ります。

低スプレッドであることをアピールするために、XMだけじゃなくほとんどの業者が最近では小数点第3位まで表示させるようになっているのです。

1pipsの価値は?

Left Caption

1pipsっていくらのことなんだ?

だれもが持つ疑問ですが、1pipsの価値は固定されているのではなく取引量によって変わってくるのでトレード内容によって差があります。

例えばUSD/JPYで取引をした場合、

10通貨:1pips=0.1円
100通貨:1pips=1円
1,000通貨:1pips=10円
10,000通貨:1pips=100円
100,000通貨:1pips=1,000円

取引量によって1pipsの価値にこれだけの差が出るのです。

取引量とpipsの関係については、ロットの記事でも詳細を解説しているので参考にしてみてください↓

動いたpipsから損益を計算してみよう

分かりやすいように例をあげてpipsの利益計算をシュミレーションしてみます。

FXではトレードスタイルによって1日に獲得できるpipsの平均がちがうので、デイトレード・スイングトレードを目安に計算してみました。

獲得pipsの平均

デイトレード 数pips~数十pips
スイングトレード 100pips~500pips
スキャルピング 1pips以下~数pips

計算の仕方は以下の通りです。

①動いたpipsを求める
②1pipsあたりの損益を求める
③損益を計算する

クロス円の通貨ペアで取引

【USD/JPYを10,000通貨取引した場合】

レート:107.65円
決済:107.95円

①107.95円-107.65円=0.30円=30pipsの利益

②10,000通貨×0.01で1pipsの損益は100円

③30pips×100円=3,000円で10,000通貨取引した時の利益は3,000円

ドルストレートの通貨ペアで取引

【EUR/USDを10,000通貨取引した場合】

レート:1.0764
決済:1.0864

①1.0864-1.0764=0.0100ドル=100pipsの利益

②10,000通貨×100pips×107.95(ドル円のレート)=10,795円の利益

Right Caption

ドル円が絡んでいない時は、損益計算の時にドル円のレートをかける必要があるよ

CFDのpips計算のやり方

XMは豊富なCFD銘柄があることが強みですが、pipsの読み取り方や計算方法が違うので間違えないようにしなければいけません。

例えば人気が高いGOLDは基軸通貨がドルと決まっているので、

GOLDのpipsの見方

小数点で判断するのではなく、下1ケタの数が1pipsになります。

画像の時のレートで言うと【1724.44-1723.56=0.88】となり、8pipsの損益が出る計算になります。

Left Caption

CFDは取引をする前にpips計算の方法を調べておいた方がいいな

pipsからスプレッドも計算できる

XMはスプレッドが広めというのはよく聞く話ですが、実際にどのくらいの取引コストがかかるのか気になっている人も多いはずです。

pipsが頭に入っていれば、コストも簡単に見えるようになりますよ!

XMのスプレッドの詳細については以下の記事を参考にしてください。

では実際にシュミレーションをして、pipsから取引コストを計算してみます。

【USD/JPY:スプレッド1.8pipsで100,000通貨でエントリー】
1.8pips(0.18円)×100,000通貨=1,800円

【EUR/JPY:スプレッド3pipsで40,000通貨でエントリー】
2.3pips(0.23円)×40,000通貨=920円

【AUD/USD:スプレッド2.1pipsで200,000通貨でエントリー】
3pips(0.0003ドル)×200,000通貨=60ドル
円換算が必要なので107円とすると60×107=6,420円

【USD/TRY:スプレッドが55pipsで100,000通貨でエントリー】
55pips(0.0055TRY)×100,000通貨=550TRY
円換算が必要なので15円とすると550×15=8,250円

pipsからコストを計算すると、取引ロット数によって大きく差が出ることが分かります。

これだけのコストがかかるならXMより他社が良いようにも思えますが、最大レバレッジが888倍と高いので証拠金がその分少なく済むことを考えると妥当かなと感じます。

損切りにpipsを使わない

最後にXMでpips計算をする時の注意点として、損切りにはpipsを使わないように!ということを覚えておいてください。

Left Caption

〇pipsで損切りは固定しよう!

というスタイルで取引をしてしまうと、かなりの確立で損失を出してしまいます。

相場は毎回同じではなく動いていますよね。ようするに、エントリーしたポイントによって損切りのpipsはちがうということです。

損切りpipsは損切りで固定せずに、許容損で決めるのが正解です。

許容損の目安

許容損の目安はリスクを大きくしないためにも、最大でも資金の2%までにするのが理想です。

では実際に損切りラインを決めてみましょう。

自己資金:100万円で取引をする場合

エントリーしたポイントと損切りまでが8pips

資金の2%に損失を抑えるには…
100万円の2%=20,000円
エントリーしたポイントから損切りまで8pipsなので160,000

160,000通貨までの取引なら許容損に抑えられ、ハイリスクトレードを回避できます。

Right Caption

pips×取引通貨量=許容損の式から損切りの幅は決めよう!

XMのトレーダーだけじゃなく勝ちトレーダーと呼ばれている人は、このように計算をして取引ロットを決めエントリーしています。

できるだけ損失の回避をするためにはpipsで損切りを決めずに、許容損を使うと覚えておいてください。

XMのpips計算のまとめ

XMのpips計算まとめ

XMのpips計算についてもういちどおさらいしておきます。

  • 1pipsの値幅はクロス円が小数点第2位、ドルストレートが第4位
  • pipsは決済レート-エントリーしたレートで計算
  • ドルストレートのpipsから損益を出す時は最後に円換算が必要
  • CFDは銘柄ごとにpips計算の方法がちがう
  • pipsは同じでも取引通貨量で利益やコストが変わる
  • pipsを損切りに使わない

効率よく取引をするための理想は少ない証拠金でできるだけ多くpipsを稼ぐことです。

最初は難しいかもしれませんが投資効率を上げて実力のあるトレーダーを目指すためにも、pipsには慣れておくことをおすすめします。

Right Caption

pips計算は慣れてしまえば計算ツールもいらなくなるよ!
海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!

xm基礎pips, xm

Posted by admin